農林水産省『各国の食品・添加物等の規格基準』について

目的

我が国の農林水産物・食品の輸出や食産業の海外展開に際しては、日本産品が相手国の定める食品等に係る法規、規格及び規制に適合する必要がある。しかしながら、輸出等を検討する我が国の食品関連事業者等が食品規格等について十分な情報を有していないため、このことが輸出促進や海外展開の阻害要因となっている。

こうした状況を改善するため、平成26年度から、農林水産物・食品の国別・品目別輸出戦略に位置付けられた重点国・地域における重要品目を対象に、順次、各国の食品規格等に関する情報を取りまとめ、検索可能な情報としてウェブコンテンツ化し事業者等に共有を図ることで阻害要因の解消に取り組むこととした。

データについて

このたび、「平成29年度食品産業グローバル展開推進委託事業のうち食品等規格基準等調査」に基づいて、(東アジア)台湾、(東南アジア)シンガポール、マレーシア、ブルネイ、インドネシア、タイ、ベトナム、ミャンマー、フィリピン、カンボジア、ラオス、(南アジア)インドの食品規格等情報が更新された。
また、その他の諸外国については、平成27年度版までのデータが掲載されている。

なお、食品等に関する国際的な基準及び許認可は頻繁に変更されており、含まれている情報の更新は完全ではなく、また誤りが有ることがある。従って本データは、調査のための初期的な参考情報を目的としたものであり、実際の利用に当っては、対象国についての情報の確認が必要である。

対象国または対象地域

(東アジア)香港、台湾、韓国、中国、(東南アジア)シンガポール、マレーシア、ブルネイ、インドネシア、タイ、ベトナム、ミャンマー、フィリピン、カンボジア、ラオス、(南アジア)インド、スリランカ、ネパール、バングラディッシュ、(中東)UAE、(南アメリカ)ブラジル、(ヨーロッパ)ロシアが対象国または対象地域となっている。
注)国名および地域名は略称。

対象食品・項目

食品の法的枠組み、食品添加物、食品表示、健康強調・機能性食品、税増固定認証、および調味料類・菓子類・清涼飲料・レトルト食品・麺類、乳・乳製品、アルコール飲料、調理冷凍食品の各個別食品規格が対象となっている。

サイトの内容・運営について

本サイトは、農林水産省から調査委託を受けて、アルゴリンクス株式会社が調査・作成を行った報告書に基づいています。
(平成27年度までの調査内容は過年度の調査報告書を引き継いだものです)

また、サイトの運営についてもアルゴリンクス株式会社が委託を受け、運営管理しています。
ご不明な点等については、お問い合わせにてお受けしています。